長野人のロードバイク日記。

長野市在住の初心者ロード乗りがスキルアップを目指し、日々精進していく記録

乗鞍 ~検討編~。

乗鞍岳は車が走れる道路の日本最高地点!

長野県と岐阜県の県境が最高地点で、標高は2716m。

ちなみに渋峠は”国道”の日本最高地点で、標高は2172mとなります。

渋峠より500m以上標高が高い...

行ってみたい...

 

乗鞍岳山頂に向かうルートは、

①長野側からの乗鞍エコーライン

②岐阜側からの乗鞍スカイライン

の2ルートがあります。

どちらもマイカー規制がされており、バス、タクシー、自転車以外の通行はできません。

また、それぞれ開通期間が決まっており、下記の通りとなっています。

 

①乗鞍エコーライン(長野側)

開通期間:7月1日~10月31日

開通時間:7月、8月、9月→6:00~18:00

     10月→7:00~18:00

無料駐車場:第1駐車場(300台)

      第2駐車場(50台)

      第3駐車場(400台)

      三本滝駐車場(50台)

 

②乗鞍スカイライン(岐阜側)

開通期間:5月15日~10月31日

開通時間:5月、6月、10月→7:00~18:00

     7月、8月、9月→3:30~18:00

無料駐車場:ほおのき平バスターミナル(1500台)

 

長野・岐阜のどちら側も駐車場があるので、アクセスはかなりいいです。

そして自転車のルート情報ですが、、、

 

①乗鞍エコーライン(長野側)

ルート:乗鞍観光センター駐車場(第1、第2かな?)~乗鞍岳畳平

距離:20km

上り平均勾配:6.5%

上り獲得標高:1263m

最大標高差:1264m

 

 

②乗鞍スカイライン(岐阜側)

ルート:ほおのき平バスターミナル~乗鞍岳畳平

距離:19.9km

上り平均勾配:7.9%

上り獲得標高:1489m

最大標高差:1488m

 

 

距離はどちらも同じくらいですが、斜度は岐阜側の方がキツイですね。

長野側からはちょうど草津渋峠と同じくらいの難易度。

岐阜側からは美ヶ原以上、万座~渋峠以下ぐらいの難易度。

万座をクリアしているのできっとなんとかなるでしょう...

 

気温についてですが、下界にくらべて12℃ほど低いようです。

山頂付近は夏でも20℃以下とのこと。

その辺も考慮して登頂時期、服装を考えなければいけませんね。

 

今年中に一度は登頂したいぞ!

美ヶ原高原ライド。

先日の日曜日は美ヶ原高原まで行ってきました。

朝5時、緊急離脱用の輪行バッグを装備して出発です! 

f:id:speedster191:20170619173345j:plain

まずは美ヶ原の上り口、浅間温泉を目指します。

ルートはサイクリングロードを通るか、それ以外の道で向かうか。 

サイクリングロードを通ると結構遠回りになるので、今回は聖高原を抜けるルートを選択。

 

約一年振りの聖高原

5%ほどの上りが3kmほど続き、展望台で一息。 

f:id:speedster191:20170619173445j:plain

ここから少し斜度が上がり、5kmほどで聖湖に到着。 

久しぶりに上ったけど、思ったより斜度がキツかったなぁ... 

f:id:speedster191:20170619173509j:plain

ここまで約1時間半。

 

このまま国道403号線をひたすら真っ直ぐ進みます。

西条駅を越えたところで県道303号線に折れ、風越峠を抜けます。

結構綺麗な道でしたね~。

 

峠を抜けた後は国道143号線を真っ直ぐ。

途中、コンビニで補給休憩をとります。

下ったり上ったりを繰り返しつつ、無事松本城に到着!

f:id:speedster191:20170619173528j:plain

ここまで約4時間。 

 

ここからが本日のメインイベント。

”セルフ・ツール・ド・美ヶ原!” 

県道284号線を進み山の方へ向かっていきます。 

f:id:speedster191:20170619173550j:plain

浅間温泉の街中を抜け、坂が始まります。

するといつもと比べ物にならない斜度!

平均斜度11%ほど?

斜度計は10~15%の間をうろうろ。

この坂が3kmほど続きます。

一度立ち止まったら再度漕ぎ出すのが困難なレベル。

とんでもない所に来てしまった...

 

必死に漕ぎ、なんとか足つきなしで3km地点の美鈴湖に到着。 

f:id:speedster191:20170619173612j:plain

  

f:id:speedster191:20170619173632j:plain

いきなり心を折りにくるコース。

美ヶ原怖い。

 

ここからは斜度が少し下がって平均7%強。

これが12kmほど続きます。 

つら。 

 

気合を入れて再スタート!

木々の中を上っていきます。 

f:id:speedster191:20170619173705j:plain

坂はキツイけど、気持ちいいぞ~

距離はあまり進んでいないけど、高度はグングン上がります。 

f:id:speedster191:20170619173747j:plain

来週がツール・ド・美ヶ原の本番だそうで、多くのライダーが走っていました。

ガンガン抜かれていく私(笑)

途中何度か休憩をとりながら地道に上っていきます。

 

標高1700mを越えたところでさすがに寒くなり、ウインドブレーカーとレッグカバーを装着。

このあたりで脚のだるさと空腹感を感じ補給。

f:id:speedster191:20170619173816j:plain

初のMeitanを摂取。

美味しくない...

Meitanのお蔭か、休んだお蔭か、体が少し軽くなった感じ。 

 

周囲の木々の景色も変わってきました。 

大分上がってきたぞー!!

f:id:speedster191:20170619173856j:plain

そして遂に木々の中を脱出。

上り切ったら4kmほど平地を走ります。 

雲は多いけど良い景色~ 

f:id:speedster191:20170619173929j:plain

 

f:id:speedster191:20170619174003j:plain

 

f:id:speedster191:20170619174138j:plain

  f:id:speedster191:20170619174050j:plain

そして登頂開始から約3時間、遂にゴール!!

ここまで約7時間半、100km弱です。

 

辺り一面真っ白!!!笑

f:id:speedster191:20170620203005j:plain

時間もちょうどお昼時だったのでここで昼食をいただきます。 

f:id:speedster191:20170619174211j:plain

エネルギー補給と休憩を済ませ、美ヶ原の記念写真スポットを探します。

調べたり、話を聞いたりしていると、歩きでしか行けない場所に美ヶ原の表示があるそうで、向かうことに。 

 

もの凄い視界が悪い中、とりあえず進んでみます。 

f:id:speedster191:20170619174306j:plain

すると完全に登山道に突入... 

f:id:speedster191:20170619174349j:plain

自転車を担いで30分ほど歩き、ようやく目的地に到着! 

f:id:speedster191:20170619174409j:plain

周囲は相変わらずの景色です(笑)

f:id:speedster191:20170619174452j:plain

撮影を終え、来た道を引き返します。

結局1時間ほど登山していたかな...笑

 

目的も果たせたので帰路につきます。

松本側から上りましたが、帰りは上田側へ。

30km超えの長い下りを慎重に進んでいきます。

 

下り切ったら今度は最後の山。

新地蔵峠に向かっていきます。

f:id:speedster191:20170619174521j:plain

アイツを越えたらお家だ~ 

 

緩く長い坂を進んでいきます。

距離は約20km、段々斜度が上がっていき、最後は5%ぐらいになります。

上り切る頃には距離150km程。

後は下って、ひたすら平地。

自宅に着いたのは18時頃、走行距離は180kmでした。

なんとか途中離脱せずゴールできました。

 

今日は長距離、高獲得標高ライド!

走ったことない道だったので楽しかった~ 

そして美ヶ原はキツイ!!

 

走行距離:180.06km

走行時間:9h22m28s

平均速度:19.2km/h

平均ケイデンス:64rpm

上り平均勾配:5%

上り獲得標高:3357m

総時間:13h

 

 

★本日のご褒美★

 

信州に乾杯。 

長野はいいところ沢山あるね。

f:id:speedster191:20170619174540j:plain

テールライト。

現在、テールライトがこんな感じで付いています。 

f:id:speedster191:20170619084505j:plain

以前TOPEAKのサドルバッグを使用していた時はバッグに付けていましたが、

ORTLIEBのバッグではテールライトが上手く付かないので、仕方なくシートステーに付けています。

しかし、この位置に付けると走行中にライトを点灯するのがとても困難!!

点灯するときは漕いでいられないし、バランスも崩しがち...

正直危ないです。

 

そこでテールライトについて改善案を色々検討しました。

・自動点灯のライトにする

・ヘルメットに取り付けるタイプにする

・サドルバッグにライトマウントを取り付ける(自作?)

・サドルバッグを新調する(ライト取り付け部があるもの)

 

結果、自転車仲間が使用していたライトを見かけ、”これだ!”と思い自分も導入してみることに。

購入したものは「Dixna DROPEND LIGHT」というもの。 

f:id:speedster191:20170619083919j:plain

  

f:id:speedster191:20170619083954j:plain

名前の通り、ドロップハンドルのエンドに取り付けるタイプのテールライトです。

もはやテールではないですがね...

 

取り付けは差し込むだけで超簡単 。

ビフォー。 

f:id:speedster191:20170619084023j:plain

 

アフター。 

f:id:speedster191:20170619084051j:plain

 

単四電池1本で30時間以上点灯できるようです。

パターンは点灯・点滅の二種類。

視認性もそこそこ。

 

少し使用しましたが、使い勝手も良かったです。

これで前から気になっていたテールライト問題がやっと解決できました!